子どもを持つ前に、20代で転職しておいて良かった理由4点

妊娠前にやっておいて良かった~と思うことはいくつかありますが、そのうちの一つが20代での転職です。

今回は、20代で転職して良かったと思った理由と、ちょっと後悔している点について、綴ります。

スポンサーリンク
公告大

 1.前提:わたしの経歴

本題に入る前にささっと私の職歴を説明します。

わたしは、4年生大学を卒業後、23歳になる2008年に新卒で某IT関連企業に就職しました。この会社は、それなりのブラック企業でした(笑)。某新聞のブラック企業を取り上げた記事の事例にこの会社のこととしか思えないことが書いてあったりとか…

まぁそういうこともあったりで、仕事のキリが良かった2012年に現在の会社へ転職しました。現在の会社では、前職の経験を生かしつつ、前職とは異なる仕事をしています。

2.20代で転職して良かったと思った理由

本題です。わたしが転職して良かった理由4点は下記のとおりです。

2-1.妊娠・出産に関する制度が整備されている

これは、あくまで個人的な話になってしまいますが、、前職は割とベンチャー色が強い会社で、妊娠や出産に関する制度は整備中といったところでした。

現在の会社は、それなりの規模の会社であり、そのような制度は入社時点で整備されていました。ですので、そのような部分でのストレスは全然なかったです。

たまーに、そういう制度が無いとか、制度はあるけど形骸化しているとか、気持ちよく休ませて貰えないとか、そういう話を聞くと自分は本当に恵まれているんだなー、あのまま前の会社に勤めていなくて良かった、と思いました。

2-2.復職後の働き方が選べる

これも、私固有の話になってしまいますが。。今の会社は産休・育休の制度が形骸化されず運用されています。ですので、同じ部署にも産休・育休を取って、復帰している女性の先輩が一定数いる状況です。

その先輩方の働き方は、フルタイムで働く方、深夜残業を厭わない方、時短勤務する方…と様々で、働き方を選ぶ余地はあるのだという印象を受けています。

ただ、休職前にきちんと仕事して周りの人から信頼を得ることが前提ですが。。でも、それを満たしていれば働き方に関わらず評価をしてもらえる、キャリアを積んでいくことも可能なようなので、休職していてもそのことに悩むことはほぼないです。

2-3.最悪30代前半くらいまでで、もう一度転職できる?

これは個人的見解ですが、仮に26歳、27歳で転職してみて、失敗だと思った場合、まだやり直しがきくかな、と。。その失敗して2,3年働いても、まだ30歳前後なので。。

あんまり歳を重ねると、応募できる職種が限定されたり、専門性や管理職経験が求められるケースもあるようです。しかし、30歳ならばぎりっぎりイケるかな、と。。(統計とかとってるわけじゃなく、あくまで個人的な見解です)

2-4.休職までに3年くらいは転職後の会社で働けている

今の会社に入社して約4年半後から産休・育休を取得しましたが、それなりの年数、今の会社で働いた上での休職なので、変な気兼ねも不安も感じずに、休職することができました。

これが、転職したばっかりで休職となると、同僚や上司からの視線は気になるし、復職してからちゃんと自分が使って貰えるかとか、気になって仕方なかったんじゃないかと思います。

復職してから、ポジションや仕事があるのか、使ってもらえるかの保証はありません。しかし、人間関係もそれなりに構築しているので、まぁまぁ何とかなるでしょ、という気持ちでいます。とはいえ、油断は禁物なので、復職できなかったら、のプランも考えておかないとな、というのも頭の片隅にはおいていますが。。

3.転職について後悔している点

ここまで20代で転職して良かった点について書いてきました。一方で、転職についてちょっと後悔している点が2点あります。

3-1.もっと会社の風土を理解しておくべきだった

今の会社は、バリキャリもゆるキャリも存在している一方、会社の風土上は所謂一生居れるという会社ではありません。むしろ、up or outな風土であるため、エラくならない限りは定年までいることは厳しいだろうな、という気がしております。実際それで退職していく先輩方もちらほら…

自分も復職はするつもりですが、一方で一生は今の会社には居られないだろうから、キャリアプランはある程度練っておく必要があると感じています。

これを転職前に知っていたら、違う会社に転職していたかもしれません。笑

3-2.もっと現場のことを知っておくべきだった

これも一点目と似たような話ではあるのですが、転職後、どのくらい忙しいのかとかをきちんと把握しておくべきでした。

一時期生理不順に悩んでいましたが、当時は激務でストレスが尋常じゃなかった時期でした。生理不順の原因は結局わからずじまいですが、仕事のストレスも一因であったのではないかと疑っています。。
もしそうであれば、あんなに働いてなければ、もっと早く妊娠できたかも?少なくとも妊活向きな仕事じゃないなーと思いました。笑

4.まとめ:出産後も働きたいなら、20代のうちにそれが実現できる会社に所属しておくべし

今回は、20代で転職して良かった点、後悔した点について綴りました。ちょっとの後悔はありますが、私は20代のうちに今の会社に転職しておいて良かったです。何より、今の会社でまぁまぁ経験積んで休職できたことが大きいです。

女性が出産後も働き続けたい場合は、それを実現できる会社に所属し、その上でキャリアをどうしていきたいのかを考えるのが一番良いと個人的には思っています。また、それが実現できる会社に所属した上で、周りからの信頼を得て、継続的に働ける状態にしておくことも重要です。しかし、一方で経験を積む、信頼を得るためには、それなりに時間が必要です。

30代で出産して、その後も働きたいのであれば、20代のうちからそれが実現できる会社に所属しておくべきです。もしそのような会社に所属できていないのであれば、転職することもアリだと思います。

子どもを持ちたいが、キャリアに対しても不安がある、転職を悩んでいる方は参考にしていただければと思いますー

スポンサーリンク
公告大