スリングを5か月使ってみて、メリットとデメリットをまとめてみた

赤ちゃんを長時間抱っこする時ってどうしていますか?

わたしはだっこ紐も使っていますが、同じくらいスリングを使っています・スリングを使っていると、結構驚かれます。まぁ最近はだっこ紐(特にエルゴ?)が主流ですよね。

何だかんだ5か月も使っていますが、5か月も使うと色々良い点・悪い点が見えてきました。そこで今回は、スリングを使ってみてのメリットデメリットなどをまとめたいと思います!

スポンサーリンク
公告大

1.スリングのメリット

1-1.高確率で寝る

スリングは第二の子宮とも言われているそうで、密着することで赤ちゃんが安心することが最大のウリです。

で、実際どうだったかっていうと、、本当によく寝ます。特に新生児の時期はスリングが無いと相当辛かっただろうな、、と思うほど。まぁ寝たあとにベッドに置こうとして、失敗することも多数で、抱きっぱなしになることもしばしでしたが(笑)

先日もレストランでずーーっとぐずってご飯が食べられない状態だったので、苦しまぐれに使ってみたら、コロッと寝てくれました。

1-2.暑くない(気がする)

一般的なだっこ紐って、赤ちゃんの身体のそれなりの面積を布で覆う形になっているかと思います。しかもナイロンとか結構熱い生地だったり。

わたしが使っているだっこ紐は、通気性を考慮して、背中部分はメッシュになっていますが、それでも暑そう。。。

一方、スリングだと布一枚なので、だっこ紐に比べると生地に因る暑さの負荷は低いかなと思います。ただ、密着度はだっこ紐より高いので、親子の体温による暑さはそれなりにあります(笑)

1-3.意外といろんな使い方がある

スリングは使いこなせれば、おんぶやらカンガルー抱きやら、いろいろできます。

。。かくいう私は縦抱きか横炊きしかしたことないのですがww授乳もできるらしいですが、コレもやったことないです。なんか事故が起きてポロリしたらどうしようとか思っちゃいますし。。。

あと、上記のサイトに載っていますが、ベルトは意外とアリでした。椅子の背もたれと赤ちゃんの身体を輪に入れて、ベルトを締めれば、転落の心配はないかな~と。

あと、腰が据わったら、横に座らせて自分と赤ちゃんを輪に入れるのもアリかも。

2.スリングのデメリット

2-1.付け方が難しい

色々使い方はあるものの、結局2パターンくらいしか使わないです、何故なら覚えるの大変だから(笑)

そして、やっぱりだっこ紐に比べると付け方にはコツがいるかなと思います。赤ちゃんの位置とか締め具合とか。。。

一番やった縦抱きはだいぶ早く付けられるようになりましたが、横抱きはリングの向きとか頭の向きとか説明見ながらじゃないと付けられる気がしません。。

2-2.安全性が低い

もう、これです。スリングの辛いところ。

いや、正しく付けられていれば、安全性は保たれるのかもしれません。しかし、わたしは出かけ先で使っているときに子どもがずり落ちそうになったり、子どもがのけぞったりで危うく怪我するかも?!とひやひやことがちらほら。。。

わたしが使っているのがたまたまそうなのかもしれませんが、赤ちゃんが寝て、身体が弛緩しきってると、体重でスリングが緩むようなのです。

赤ちゃんが寝ていなくても、スリングが緩んでしまうことがちらほらあって、それが怖くてお尻を支えるようにしていると、今度はそれで布をたぐってしまって、布がお尻の部分からなくなってしまったり。。

散々外で使いました。が、外で使うのには向いていないのではないかと思う今日この頃。

3.スリングが向いている/向いていない状況

上記踏まえて、スリングが向いている状況はこんな感じかと。

  • 動かない(食事中、座って休憩中、おしゃべり中など。)
  • 家や店など室内
  • 短時間の着用

逆にこういう状況では、スリングの使用は推奨できないかなと。

  • 長時間の着用
  • ガンガン歩く
  • 荷物などで両手がふさがる

基本的に向いているシチュエーションの裏がえしです。最後のは、転落のリスクを考えた場合、手がふさがっていると子どもを抱きかかえられないのではないかという考えからです。ただ、おんぶだと両手がふさがっていなくても転落したらキャッチできない気がしますね。。

4.まとめ:スリングは短時間&室内でのまったり使いなら◎

今回は、スリングを5か月使ってみてのメリット・デメリットなどを纏めてみました。

買ったことは後悔していません!が、安全面を考慮すると、活用できるシチュエーションは限定的かなーと思います。正しく使えば安全なのかもしれませんが、”正しく使う”ということのハードルが高いのがスリングなのかな、と。

というわけで、個人的結論は、短時間・室内であんまり動かないシチュエーションが一番スリング向きかと思います。もはやベビーキャリーとは言えませんが(笑)

でも、スリングはだっこ紐では出来ない使い方も可能です。なので、わたしは今後もだっこ紐と併用していくつもりです!

スリング買うか悩んでいる方!上記参考にしつつ、一度手に取ってみてください。そして、一つの抱き方を体得できそうならば、使ってみる価値はあると思いますよ!ただ、安全面には注意してくださいね~~

スポンサーリンク
公告大