だっこ紐用の保冷パックはきんちゃく袋があれば買わなくてもOK!

赤ちゃんとの夏のお出かけは、暑いですよね><

暑いから、密着する抱っこよりもベビーカーの方が快適なのでは?と思うものの、その思いを知ってか知らずかベビーカーではぐずり始めるわが子…(笑)

そういう人のために(!)、だっこ紐に装着できる保冷パックも売っていますよね。例えばコレ。

でもコレ、保冷剤とそれが入るきんちゃく袋があれば、買わなくても大丈夫です!きんちゃく袋で代用可能です☆

今回は、だっこ紐の保冷パックを買わずに、きんちゃく袋で代用する方法を紹介します!

スポンサーリンク
公告大

1.用意するもの

1-1.保冷剤

冷やしても固くならない保冷剤がベストかな~と思います。例えばコレとか。

私は、ベビーカーに取り付けるタイプの冷却シートに付属していた保冷剤を使っています。

1-2.きんちゃく袋

きんちゃく袋は、保冷剤が入るサイズなら何でも良いです。だっこ紐の内側に付けるので、かわいくなくてもOKです(笑)

強いて言うなら、何度も結んだりほどいたりしても耐えられる素材の紐だとベターかなと思います。

1-3.ガーゼ数枚

きんちゃく袋の素材が保冷剤が結露した水分を吸収できるようであれば不要ですが、そうでないなら、ガーゼを2枚ほど用意しておくのが良いと思います。

わたしは、コレを使っていますー

2.使い方

2-1.きんちゃく袋の紐の両端をほどきます。

2-2.保冷剤をガーゼで包みます。

もし、きんちゃく袋の素材が保冷剤が結露した水分を吸収できるようであれば不要です。

2-3.ガーゼで包んだ保冷剤をきんちゃく袋に入れます。

2-4.きんちゃく袋の紐できんちゃく袋をだっこ紐の肩紐に取り付けます。

2-5.きんちゃく袋の紐が見えるのが気になるならば、ヨダレカバーで紐を隠します。

3.まとめ

今回は、だっこ紐の保冷パックを買わずに、きんちゃく袋で代用する方法を紹介してみました。

私の家には何かで貰ったきんちゃく袋があったので、タダでだっこ紐の保冷パックを用意することができました(笑)

だっこ紐用の保冷パックを買うか悩んでいる方の参考になれば幸いです♡

スポンサーリンク
公告大