産前休暇って何すればいいの?充実した産休を送るための方法

「産休って何するの?」
 
産前休暇を迎えるにあたり、何をすればいいのか、どう過ごせば良いのかイメージできない人もいるかと思います。初産の方は特にそうかと。
産前休暇は出産前であるため、産後休暇のように、赤ちゃんのお世話や休息のように、”絶対にこの時期に何かをしなければならない”ということがたくさん決められているわけではありません。
私も産前休暇に入る前は、産前休暇の過ごし方がイメージできていませんでした。(「何すんの?絶対暇っしょ」って言ってました…。)しかし、事前にちょっと考えておくだけで充実度や満足度を上げることができます。
実際、私はこの方法で楽しく&充実した産前休暇を送ることができました。
今回は、その方法について紹介します!
 
スポンサーリンク
公告大

1.産前休暇の計画の立て方

1-1.やりたいことをリストアップ

まず、自分が休暇中にやりたいことを全て書き出します。

1-2. 実現可能性の検討

次に、やりたいことが実際にできるかを検討します。産前休暇は、出産予定日の6週間前から出産予定日のことを指します。出産予定日から3週間はいわゆる”正産期”でいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状態です。そのような状況であることを踏まえて、やりたいと考えていることが実現可能かを判断する必要があります。
 
例えば、「マタニティヨガのレッスンに通う」ことがやりたいことの場合、下記が満たされていれば、概ね実現可能と判断できます。
  • 病院で運動を控えるように言われていない
  • 通える場所でレッスンが受けられる状況にある
  • レッスン料が支払い可能な額である

一方、「一人旅に行きたい」ということがやりたいことの場合は、行先や旅程、交通手段等で実現可否が変わってきます。(里帰りも34週目までに、って言われているくらいなので、産休中の一人旅は実現不可かと思いますが、、一例ね)

体調やその他の制約事項を踏まえ、実現可否を検討し、実現可能な事項を絞り込みます。

1-3.マスト事項のリストアップ

「やりたいこと」以外に、この時期までにやっておいた方が良いと思われることを全て書き出します。例えば、陣痛が始まった時の移動手段の確保(陣痛タクシーの手配など)や、赤ちゃんの名前の候補の絞り込みなどが該当します。
その他、この時期くらいから検診が毎週実施されるようになるので、それもマスト事項として挙げておきます。

1-4.優先順位付け

1-2.や1-3. でリストアップした事項について、優先順位付けをします。優先順位が高いものから早めに実施するように予定を立てます。
「マタニティヨガを毎朝行う」というような日々のルーティーンに組み込むような事項がやりたいことの場合は、毎朝どのタイミングで実施するかを決めます。
なお、この時期は急に入院とかいう可能性もあるので、優先順位はつけつつも、優先順位が高い事項も”できたらやる”という程度に考えておくのがよいかと。
 
以上で、大体予定が埋まる、もしくは日々どのように過ごすかがイメージが沸くのではないでしょうか。
上記のステップを踏んでも、全然過ごし方のイメージがわかない、もしくはそもそもやりたいことが無い場合は、次項を参考にしてみてください。
 

2.産前休暇の過ごし方が決まらない場合

2-1.産前休暇の過ごし方の方針を検討

曖昧でもいいので、まず産前休暇中の過ごし方の方針を検討します。それまで忙しくしていたので、何もせずに暫くのんびりしていたい、ということであれば、無理にやりたいことを探す必はないです。産後は嫌でもやることがたくさんあるでしょうから、今のうちに休むべきです。
私は自分より1か月前に出産した友人に「好きな時に寝られるということを十分に満喫せよ」とのアドバイスを受けましたし、、休めるのも今のうち!
 
一方、ぼーっとしたくはない、何かしたいけど、何をすればいいのかわからない、何かしていないと不安、という場合は、やることを探す必要があります。
 

2-1.やること考えてみた

やること考えてみました。

美容院に行く

私は産前は37週目に美容院に行って、カットとカラーをしました。(因みに美容院と病院はタクシーで15分くらいのところです)産後は、しばらく美容院に行けなくてもいいようにローライト入れて貰ったりとかしました。
これは、やっておいた方が良いかと思います。特に出産後お宮参りとか予定しているのであれば、しばらく美容院行けない前提でケアしてもらっておくとよいかと。

平日にしか行けないところ巡り

休日だと混んでいる店に行ったり、平日にしか買えないものを買いに行く。これは産前休暇の特権ですね。

赤ちゃんグッズを手作りする

作るもの次第ですが、まとまった時間があった方が捗ると思うので、確かに産前休暇中までしかできないかも。ただし、作るものによっては、色々購入する必要あり。ミシン、とかね。。

資格の勉強

試験の日程が都合の良いものだったり、試験勉強期間が足りるモノがあれば、是非。勉強嫌いの私は早々に挫折しましたけどねw

マタニティフォトを撮りに行く

これこそ産前にしかできないこと!

外食

産後は子供連れだと入れないお店もあります。但し、食べ過ぎには注意です。。

運動

出産予定日が近づくと、運動しましょって言われる人もいます。言われる前から習慣づけるのはアリです。ただし、正産期前に運動しまくると、早産の恐れがあるので、運動の程度は病院で相談しましょう。

読書

本を読むことが嫌いでなければ、没頭して読みたい方は特にオススメ。あと、育児本に目を通しておくとか。

何か動画配信サービスに契約して、かたっぱしから見てみる

もしかしたら、何か良い作品との出会いがあるかも?

お小遣い稼ぎ

ネットで調べれば、アンケートへの回答等でのお小遣い稼ぎの方法などが載っています。

保活

産後に仕事復帰を予定していて、準備が進められてない場合はアリかも。産まれてしばらくはそれどころではないでしょうし…

掃除

窓とかエアコンとかのフィルター、レンジフードの中の掃除など、普段手が付けられていないところは、これを機にやっておくといいかも。

2-2.ルールを決める

やりたいことを探してはみたが、なかったということであれば、日々を丁寧に過ごすというのも一つの手かと思います。産後はそういうこともできないので…
 
生活のルールを決めて、きっちりこなしていくのはいかがでしょうか。
例えば…
  • 起床時間を決める
  • 起きたらストレッチを一種類やる
  • 晴れた日には布団を干す
  • 夕食は必ず3種類のおかずを作る
とか。
 

3.まとめ:無理せず、リラックスした産前休暇を!

産前休暇は、自分でコントロールできる最後の猶予と言っても過言ではありません。とはいえ、身体的な制約はある程度あるので、それを踏まえつつ、無理せず、楽しく、リラックスして産前休暇を過ごせば、赤ちゃんにとっても、自分にとっても良い時間になるかと思います!
  • やりたいことをリストアップし、実現可否で絞り込む
  • やらなきゃいけないことをリストアップする
  • 優先順位付けをする
  • やりたいことが無い場合は、過ごし方の方針やルールを決める

上記のことをすれば、少しはやることや方針が明確になり、産前休暇の過ごし方についてイメージしやすくなるのではないかと思います。産前休暇を迎える方!一度考えてみてください~

 
スポンサーリンク
公告大