会社を辞めて大丈夫?~「幸せな生活を追求した 新しい女性の働き方」

出産前に「育休明けて保育園見つかるか分からないし、今の会社で働けるかも分からないから会社に依存しない生き方も考えておくべきかも」と思って、読んでみたのが下の本です。

企業にも起業にもしばられない!「幸せな生活を追求した 新しい女性の働き方」

ベタ著

今回は、こちらの紹介と個人的な感想を書いてみました。

スポンサーリンク
公告大

1.本の概要

著書のベタ氏は、大学卒業後、事務の仕事を経て脱サラし、PC一台でお金を稼ぐことをやるようになった方です。

本書には、会社に縛られずに生きる方法があるということ、プチ起業の事例が紹介されています。

2.感想

2-1.女性は体調やメンタルやられやすい

「確かにそうだよね」って思ったのが

女性は、仕事や責任を負いすぎると、体調やメンタルがやられてしまうんですね。かといって仕事をしないと、社会との関わりを断たれて家に閉じこもってしまうので「自己喪失感」を感じるんです。

って部分ですね。個人的に女性の方がヘンに責任感持ちすぎて抱え込んで、やられる人が多いように感じます。わたしのまわりにもちらほら。。。

自分もかつてはヘンに気負って仕事を頑張りすぎて、土日に24時間寝てしまうとかやってしまいましたが、結局最後爆発しちゃうんですよね。仕事の成果もそこまでだったりして。

じゃぁ仕事から離れれば?ってなるけど、いざ仕事から離れると何すれば良いのか分からなくなったりして。

結局自分は上記の経験を経て、頑張りすぎないをモットーにした結果、頑張らなさ過ぎて大丈夫かってたまに自分で思うくらい、ゆるーい感じになってしまいました。。まぁ病むよりいいし、楽しいからいいかな、と。やるべきことはやっているし・・・

無理せず、嫌なことをせずに、自分らしくある方が結果的に人にいい影響を与えてしまうってことです。

うん、そうですね、自分らしくが一番ですよね。

2-2.もっと書いて欲しかったこと

正直、わたしにはこの本のオチが分かりませんでした。私の頭が足りていないのかもだけど…

さらっと事例のところに、著者が何をしているのか記載されていますが、ここが何故掘り下げられていないのかが、よく分からず…

著者の脱サラを後押しした経営者との対談が掲載されていますが、これよりも著者が脱サラ後に何をやって、失敗したことや成功したこと、どのくらい稼げるのか、という部分がもっと知りたかったです。

3.まとめ:頑張ればPC一台で会社員の月給並みの収入を得ることが可能

正直本書を読んで、女性の新しい働き方は私は見つけられませんでした。でも、著者のように脱サラしても、PC一台があって頑張れば、脱サラ前並みの収入を得て生きていけることは、分かりました。いい時代ですねw

わたしも今後の働き方を考えなきゃということは強く感じました。

スポンサーリンク
公告大