妊娠中、本当に役に立ったマタニティ用品3点

妊娠すると、マタニティ用の下着買わなきゃいけないのかな、洋服はどうするんだ、、でも本当に必要なのか?と買い物に悩むことが増えるかと思います。

今回は、わたしが妊娠中に本当に買って良かった!と思ったマタニティ用品3点を紹介します!

スポンサーリンク
公告大

1.本当に買って良かったマタニティ用品

1-1.マタニティ用パジャマ

お腹が大きくなってくると、元々着ていたパジャマだと寝苦しくなります。また、出産が近づいてくると、入院準備として前開きのパジャマを用意するように指示を受ける人も多いかと思います。

マタニティ用パジャマは、ウエスト部分が調節できるようになっているものが多いので、実は妊娠中だけでなく、体型が戻り切っていない出産後も大活躍します。

さらに、前開きのタイプであれば授乳もしやすいので、出産後のパジャマにもぴったりです。

わたしは、出産後しばらくは外出しなかったのと、授乳が頻回にあったので、結局マタニティ用パジャマで日中も過ごしていました。

出産後も着る前提でマタニティ用パジャマを買うなら、ポケット付きがオススメです。赤ちゃんのよだれやミルクの吐き戻しを拭くためのガーゼを入れておくのにちょうどよいです。授乳中は、よだれやミルクで赤ちゃんの口元は汚れがちですからね…

わたしは、ベルメゾンのマタニティ用パジャマを着ていました。これは綿100%だし、安いのでオススメです。

1-2.カレンドラオイル

会陰切開を恐れて、会陰ケアのために購入したのがカレンドラオイルです。これで会陰パックを頑張っていたら、会陰切開はしたものの、伸びが良かったらしく、切開浅目で済みました。

わたしは↓のヴェレダのカレンドラオイルを遣っていました。

しかも、このカレンドラオイルは赤ちゃんの肌にも使用できます。わたしの場合は、カレンドラオイルの2本目を使い始めたところで出産しました。残りのカレンドラオイルは子どもの入浴後のスキンケアに使用しています。伸びが良く、べたつかないので使いやすいです。

1-3.マタニティヨガのDVD

これは、何度再生したか分からないくらい観ました。妊娠中期以降の腰痛の緩和にも効きましたし、臨月に身体を動かすよう指示されてやるのにもちょうどよかったです。

因みに、わたしが観ていたのは、スタジオヨギーのマタニティヨガのDVDです。

ただ、DVDだと正しい動きをしているのかが分からないという場合は、レッスンに行ったりした方が良いかもしれません。DVDを見ていて、骨や筋肉の名前を言われてもピンとこない人いるだろうな~と思っていました。わたしは以前ピラティスのレッスンを受けていたので、なーんなくわかりましたが、それでも正しい動きをしていた確証を得ないまま、出産を迎えてしまいました(笑)

2.まとめ:マタニティ用品の買い物は厳選すべし

マタニティ用品は様々ありますが、本当に必要なものは実は結構少ないです。例えば、マタニティインナーやマタニティ服については、私は不要派です。これらのものは、マタニティ用でないもので代用可能です。

出産後は、おむつやら洋服やらでお金がかかります!なので、出産前はなるべく出費を抑えておくことをオススメします。マタニティ用品を買う場合は、本当に必要か?産後も使えるか?を検討すべきです。

妊娠して、マタニティ用品のお買い物で悩んでる方は、是非参考にしてくださいー

スポンサーリンク
公告大