マタニティマークはいつから付けるのが良い?わたしの場合

街中で妊婦さんがバッグ等によく付けている、マタニティマーク。これっていつから付けるべきなのでしょうか?

スポンサーリンク
公告大

1.そもそもマタニティマークって?

厚生労働省のHPには、下記のように記載されています。

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

このマーク付いてる人は妊娠しているから、周りの人!気を遣ってあげてくれっていうモノですね。

2.入手方法

2-1.区役所(母子手帳とともに)

私は、母子手帳を付与された時に色々パンフレット等を貰ったのですが、それの中に含まれていました。

2-2.雑誌

初めてのたまごクラブ」を買ったら、付録で付いてました。

3.電車の駅

首都圏のJRの駅ではどこでも配布しているようです。
JR東日本:マタニティマークのご案内

3.いつから付けるべきなのか?

厚生労働省のHPにも、JR東日本のHPにも記載されていますが

[厚生労働省のHP]
妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため…(以下略)

[JR東日本]
妊娠中、特に初期はまだお腹は目立ちませんが、赤ちゃんとお母さんの健康を守るために特に大切な時期です。

妊娠初期はお腹が出ていないので、妊婦かどうか、周りから判断が付きません。一方、妊娠初期は安定期と比較すると、体調が悪い方の方が多いと思います。周りの助けが要る時期なのに、妊婦だって分からないから、付けよう~ってことかと思います。
…ということだと、妊娠初期から付けるべし、という結論になります。

4.私の場合

私はつわりが殆ど無かったので、気を遣ってもらう必要ないわ!!と最初思ってました。

が、その後、一時期電車内で貧血になることが続きました。倒れはしませんでしたが、貧血になった時は、正直「あ~座りてぇ」って思ってました。

その時に、仮にぶっ倒れたり、事故に遭ったりとかした場合、母子手帳を携帯しているわけでもないのに、周りの人に自分が妊婦だとどうやって伝えられるか?と考えた結果、マタニティマーク付けるのが、一番手軽かなーと思いまして。そう思った妊娠3~4か月で付け始めました。

付けるとですね、電車の中で席を譲ってもらえることが非常に多かったです。自分よりも遠くまで乗るのに譲ってくれる方や、ちょっと離れたところから、声掛けてくださる方とかもいて。いや、日本捨てたもんじゃないよ!JR〇〇線の人みんなイイ人!って思いました。

なので、体調良い時は、逆にマークはバッグの外ポケットに隠していました。。気を遣わせたいわけではないので、、と思いまして。

5.マタニティマークを付けるデメリット

私は恐縮してしまうくらい、電車で席を譲っていただけることが多かったので、デメリットを感じることはありませんでした。

ただ、美容院に行ったときに、美容師さんが私のマタニティマークを見て、「気を付けてね、〇〇駅でそれ付けてる人が知らない女に傘でお腹刺されたらしいよ」と言われて、かなりビビりました。。

あと、これは完全に私が悪いのですが、、、会社で妊娠していることを一部にしか言っていなかった頃、職場ではマタニティマークはバッグの外ポケットにしまっていました。しかし、妊娠していることを知らない同僚が私のバッグを移動させたら、マークが飛び出してきて発覚した、ということがありました(笑)

6.まとめ:マタニティマークは妊娠初期から付けるべし

妊娠初期にマタニティマーク付けることに抵抗がある人もいるかと思いますが、いつ事故に遭ったり、体調が悪くなるかも読めません。個人的には、早めから付けるべきかと思います。

もし、抵抗があるなら、〇〇な時だけ付ける、とか、自分でルールを決めて限定的に使うやり方もアリなのではないかと思います。

折角ここまで普及しているマタニティマークではあるので、それの力も借りつつ、マタニティライフを送るのが良いかと思います☆

スポンサーリンク
公告大