保育園見学しなきゃダメ?10園見学して感じたメリットを纏めてみた

保育園見学しなきゃいけないけど、めんどくさい・・・

そもそも保育園って見学しなきゃダメ・・・?

と考えている方へ。

その気持ち、よーく分かります!わたしはひと月に10つの認可保育園の見学をしましたが、、もー疲れました。元々出不精ってこともあるのかもしれませんが、アポ取りも面倒だし、当日に「見学は〇時からだから、〇時に家出て、、だから授乳は〇時までに、、」って考えながら生活するもの疲れましたし、終わってからメモ残すのも面倒でした。(メモ残しはしなくても良いかもですが、わたしは記憶力が無いので、メモ残してました、、)

今回は、そんな面倒くさがりな私が10園の見学を経て思った保育園を見学することのメリットを紹介したいと思います。

見学めんどくさい~~と思っている方が重い腰を上げてくれればと!

スポンサーリンク
公告大

1.見学することのメリット

1-1.園の中を自分の目で見ることができる

園の中っていうのは、園舎は園庭はもちろん、園児さんや先生たちを含みます。これはやっぱり大きいです。一つずつ説明していきます。

園庭や園舎

園庭や園舎に関しては、外から見ることもできます。でも敷地外から見た園庭と、実際に園庭に行った時では広さの感じ方が違ったりします。園庭アリだから、この園良いかも!って思ってても、「猫の額か!?思いっきり遊べないよね」ってなるかもしれません。

園舎も外から外観から新旧を判断することはできますが、中が綺麗かはわかりませんよね。古くても、塗り替えとか色々処置されて綺麗にしている園舎もあれば、昭和感が抜けないノスタルジックな園舎もあります。あと、新しい園だと、床暖房があったりとか。こういうのは、外からは見えないのではないでしょうか。

園児さんや先生の様子

園児さんや先生の様子はやっぱり行って見てみないと分からないものです。公園とかで園児さんと先生が遊んでたりもしますが、それ見てもどこの園の子達か特定することは難しいでしょう。

わたしは、先生については挨拶してくれるかと園児さんへの接し方を、園児さんについては楽しそうにしてるかとか見てました。これは大体どこもクリアしてましたけどね^^

外の人への接し方

見学していて、一つ気になったのは、、園児さんの見学者への接し方。こちらから積極的に園児さんに絡むことはしないものの、わたしが見学した時の園児さんのリアクションのパターンは以下の3つでした。

  • 園児さんが見学してることに気づいて、「あれ、だれー?」「ねー見てみて!」「あ、赤ちゃん!」とかガンガン絡んでくる
  • 見学案内をしている方が「ほら見学だよ、お客さん来たよ~挨拶はー?」などと園児さんに言って、「こんにちは」とか園児さんが挨拶する
  • 見学者そっちのけで見学案内している方と園児が話し込む。

超個人的な意見としては、上記の最初2つは全然いいかな~と思っています。一つ目だと、あ、人懐っこいっ子が多いのかなーって思うし、2つ目だと、先生たちがちゃんと生活指導してるんだなーって感心します。

最後のがね~、、挨拶してよ、蚊帳の外にしないでよ!構ってよ!とか思ったわけじゃないけど、先生は自分は挨拶するけど、子どもにはそれ教えないんだな~、、と思ったりして、、ちょっとモヤモヤ。

2つ目のパターンだった園の園長先生が「挨拶ができる子は、挨拶をする・しないっていう選択ができるけど、挨拶をできない子はそれができないから、きちんと教える」と言ってて、確かに…と思いました。

これは一例ですが、こういうのは見学してみないと分からないことだと思います。

1-2.HPなどでは得られない情報が収集できる

一つ目についても、HPなどで得られない情報ではありますが、日々の生活のことなど、細かい点はHPに載っていないことが多いです。

例えば、、、

  • 保護者参加のイベントは平日にあるのか
  • ベビーカーとか自転車は預けられるのか
  • スポットの延長保育は可能か
  • 卒園生が進学する小学校はどこか、、、etc

園のHPでそこまで細かく載せてるところって非常に少ないです。載せれば、見学とかでいちいち聞かれなくて済むんじゃないのかな、って思うほど。

「入園のしおり」みたいな案内(PDF)をHP上にアップしている園があって、そこはいいなぁ~って思いました。しおりを読んでの質問もできますしね。

この辺のことは電話で聞くより、直接聞いた方が良いのではないかと。あと、見学者が複数いると、他の人の質問で、自分は気付いてなかったけど、それも聞くべきだった、ありがとうございます!っていうことも結構あります。

1-3.園までの道を確認することができる

よく通る道沿いの保育園だと気にしなくて良いかもしれませんが、問題は知らない場所にある保育園。道ならgoogle mapとかでも分かるじゃん!とか思われそうですが、いやいやいやいや…。

  • google mapの経路案内の経路だと、信号が無いところを渡らされるので、案内よりも時間がかかる
  • 園の前の道が狭いのに、結構交通量が多い
  • 園の近くに工場があり、それに関連するような大型車両が行きかう
  • 園までの歩道が狭いので、ベビーカーの通園は大変かも

などなど、行って初めて気づく問題点がいくつもありました。5年とか6年通うことになるので、送り迎えのストレスはなるべく軽減したいところ。見学はせずとも、せめて現地に1度赴くことは大事かなと思います。

1-4.ママ友ができる(かも!)

小規模園だと1人で見学させてくれるところもありましたが、大半が3名以上での見学でした。で、大体みんな同じような範囲で保育園探しします。なので見学で見かけたママさんと違う園の見学で再会したりとか、結構ありました。私は二人くらいそういう人がいました。あと、見学で一緒になった人と小児科で再会したりとかw

わたしはその中でママ友になった人はいませんが、そんな感じなので、人によっては仲良くなる人もいるかもしれません。

2.まとめ:保育園の見学は大変だけどメリットもいっぱい!

今回は、わたしが保育園の見学を通して感じたメリットをまとめてみました。

園の様子や園への道など、やっぱり行ってみたり聞いてみないとと分からないってことは多かったです。百聞は一見に如かずとは本当にこのことでした。

保育園の見学をするかについて、悩んでいる方の参考になれば幸いです~

スポンサーリンク
公告大