爪切りvsやすり 赤ちゃんの爪のお手入れ方法を比較してみた

赤ちゃんの爪は小さいですよね。だけど伸びるのは早いし、手加減を知らない赤ちゃんは力任せに顔をひっかいたりします( ˘•ω•˘ )皮膚の再生は早いといえども、ひっかき傷は見るのもつらいもんです(;_;)

だから、マメに切ってあげないと!と思いつつ、いざ切ろうとすると赤ちゃんがバタバタと暴れてしまったりして、うまくいかなくて、お手入れが億劫になったりもします(笑)

赤ちゃんの爪のお手入れに使う道具は、つめきりかやすりの2択ですが、一体どちらが良いのでしょうか?

そこで、今回は、赤ちゃんの爪のお手入れの道具を比較してみたいと思います!

スポンサーリンク
公告大

1.わたしが使っている爪のお手入れ道具

1-1.ピジョン 新生児つめきりハサミ

はさみについては、アマゾンベストセラーのこちらを購入しました。

1-2.コンビ ベビーレーベル ネイルケアセット

やすりについては、電動のこちらを買いました。大人もケアできるというところに惹かれて買いましたが、目下大人はケアする暇がありません(;_;)笑

2.爪切りvsやすり!観点毎に比較!

2-1.頻度

やすりは、爪を削っていくことで爪を短くするので、爪が長ければ長いほど、お手入れの時間が増えます。

つまり、マメ(毎日か2日に1回くらい)にお手入れができるのであれば、やすりはベストです。

一方、爪切りは、切る部分が小さいとお手入れがしにくいです。なので、ある程度伸びたところでお手入れするのがベストです。

ただ、新生児のころは、爪で顔をひっかいてしまうのに、結構爪が伸びるのが早いです。なので、やすりでマメにお手入れしてあげるのがベストかもしれません。

2-2.お手入れの所要時間

コレは爪切りもやすりも慣れやテクニック次第な部分が大きいかなーと思います。

ただ、一つ言えることは、伸びた爪にはやすりよりも爪切りの方が良いということです。長い爪をやすりで削っていくのは結構骨が折れます^^;

それであれば、ある程度爪切りで切って、爪の形の整形など細かいケアはやすりでやってあげるのが一番だと思います。

2-3.足の爪

足の爪だろうと手の爪だろうと、ケアの頻度と長さ次第なところがあるかと思います。が、我が家の傾向としては、足の爪の手入れは二の次、手の爪優先なところがあります。

で、足の爪の手入れを後回しにした結果、脚の爪の手入れができるころには爪がそこそこ伸びているので、はさみでお手入れすることが多いですw

3.まとめ

今回は、赤ちゃんの爪のお手入れについて、爪切りとやすりを比較してみました。

結果的には、マメにお手入れできるならやすり、伸びた爪を一気に手入れするならはさみ、かなと思います。それぞれ得意分野が違うので、両方持っておいて、爪の伸びるスピードやお手入れのタイミングに合わせて使い分けていくのが良いのかもしれません。爪やすりも電動でなければ、お手頃価格で売ってます!

赤ちゃんの爪のお手入れについて、爪切りを使うべきかやすりを使うべきか、悩んでいる人の助けになれば幸いです~

スポンサーリンク
公告大