妻的に旦那さん育休中にやられて嫌だったこと3点

「奥さんが出産した後に育休取ることになったけど、育休中何すればいいのか?何すれば奥さんに喜んでもらえるのか?」と悩んでいませんか??また、逆に何が嫌なのか、とか。

我が家では、わたしが産後休暇中に旦那さんに1か月育休を取得してもらいました。今回はその期間に、旦那さんにやられて嫌だったことを3つ紹介します!

スポンサーリンク
公告大

1.旦那さん育休中にやられて嫌だったこと

1-1.やるべきことをやらない

我が家では、旦那さん育休中は食事の準備は旦那さんの担当でした。しかし、ある日「ちょっと眠い~」と言い残し、昼寝を始めました。昼寝ってレベルじゃなくて、4時間近く。いつもなら、夕食食べてる時間帯に…結局夕食は作る余裕が無いので、起きるのを待っていました…

起きてから平謝りされましたが、わたしは空腹もあって、ぶすーっとしてしまいました。。うーん、眠いのは分かるけど、やることやってから寝てくれよーと思ってしまいました。。

1-2.自分遊んでるくせにアドバイスが上から目線

ある日、わたしが授乳した後にげっぷさせていたら、ゲームをしていた旦那さんがそのげっぷさせられてる赤ちゃんの姿勢を見て、「もっと縦にしないと、(げっぷが)出ないんじゃない?」と発言しまして。

旦那さんには悪意はないのですが、「だったらお前ゲームしてないで、げっぷさせろよ!なんだ、その上から目線!」と思ってしまい、「そっちがげっぷさせてる時だって、このくらいの角度だよ!(怒)」と言い返してしまいました。。

こんな感じで、良かれと思った発言も言い方とかシチュエーション考えないと、相手の怒りを買うハメになります…いかんせん、ホルモンバランスが乱れたりしてるから、怒りやすくなってるってのもあるかもですが。。

1-3.勉強しないと…?

旦那さんは技術職なのですが、育休中のある日「赤ちゃんが寝てる間にでも仕事の勉強しとかないと、脳が腐る」って言いました。確かに、頭って使わないと劣化する。確かにわたしも仕事の専門用語、休み中使ってないから、口から出てこない。だけど、育休が一ヵ月の人に言われると、1年以上休職するわたし立場ないじゃん(怒)と、「じゃぁわたしはどうなるんだ!わたしも専門職なんですけど!!」と言ってしまいました。

これも相手には悪意ないし、正しいんですけどね…

2.まとめ:育休中はやることやって、発言には気を付けるべし!

出産後、母親はホルモンバランスが崩れたりしているので、怒りやすくなっていたり、落ち込みやすくなる人もいるようです。

育休を取って、奥さんをサポートする場合は、そういうのもくみ取って、いつもよりちょっと発言に気を付けたり、だらっとしない方が、良いかもしれません。

育休取得の予定のある男性は是非是非参考にして、楽しい育休ライフを送ってください♪

スポンサーリンク
公告大