関東圏の電車での赤ちゃん連れ温泉旅行には、熱海がおすすめ!

なんだかんだ11月ということで、寒くなってきましたね>< そんな時に行きたくなるのが温泉です!

でも、「赤ちゃん連れで大丈夫かな、どこに行けばいいかな、車無いし…」という方へ!

わたしも赤ちゃん連れ・車無しでしたが、先日初の家族旅行ということで、熱海一泊旅行をしてきました♪いや~リフレッシュできました^^

そこで今回は、わたしの赤ちゃん連れ熱海温泉旅行の経験を踏まえつつ、熱海がおすすめな理由を説明します!

スポンサーリンク
公告大

1.そもそも赤ちゃんは、温泉に入って大丈夫なのか?

いくつかの赤ちゃん向けの情報サイトを見てみましたが、温泉施設が赤ちゃんの利用を許容しているのであれば、少なくとも一ヶ月検診で異常がなく、沐浴を卒業していれば大丈夫なようです。

但し、月齢が低いと、首や腰が座ってないため、実際には、生後半年ほどでデビューするケースが多いようです。

2.熱海をおススメする理由

2-1.スーパービュー踊り子

わたしが熱海推しな理由が、ズバリ「スーパービュー踊り子」の存在です。この「スーパービュー踊り子」の10号室1階には、「子ども室」が存在します。

伊豆急行の時刻表、運賃・料金などの鉄道情報のご案内をはじめ、伊豆の観光情報、伝統行事、観光名所、イベント情報、宿泊情報、温泉など伊豆の旅に便利な情報をご案内いたします。

そう、ココは子どもが自由に遊べる空間なのです!他の子どもの迷惑にならない範囲であれば、騒いでも暴れてもOK!というところです。因みに、授乳室もこちらにあります。

温泉いっぱい花いっぱい-JR東日本横浜支社が運営する伊豆・湯河原の観光情報サイト。伊豆の温泉やグルメ、踊り子号、列車、桜、梅、イベント情報などを配信しています-

「子ども室」の広さは、、着席状態であれば、子ども8人くらいは余裕かなと思いますが、ずっと着席できるはずもない年齢ですよね(笑)

わたしが利用したときには、2歳半と5歳の男の子2人が駆け回ってましたが、余裕でした!彼ら息切れするくらい走り回ってましたww付き添いの大人までカウントすると、3組くらいが限界かもしれません。

でも、わたしはこの電車に救われました。わたしの娘は、丁度つかまり立ちやハイハイ真っ最中で動きたい盛りだし、帰りは謎のぎゃん泣き状態でとても普通の席に居れる状況ではありませんでした。あーホント助かった!在来線にもこの部屋あればいいのに(笑)

所要時間

いやいや、子ども室使わないで、新幹線でちゃちゃっと行けばよくない?と思ったアナタ!

東京駅から熱海へ新幹線で行く場合は、こだまかひかりを利用することになります。ひかりを利用する場合は、所要時間約40分、こだまの場合約50分です。

一方、スーパービュー踊り子の場合は、約1時間20分です。

なので、単純に所要時間比較すると、新幹線が断然早いです。が、その40分、50分を子どもが大人しくできるか、赤ちゃんが泣かずにいられるか、というところが焦点ではないかと思います。

新幹線の時間をお昼寝の時間に合わせられるとかなら新幹線でもいいかも。でも、できなくてしんどい思いするなら、ちょっと時間かかっても、スーパービュー踊り子の方が良いかなと思います。気持ちが全然ラクですよ~

あと、新横浜駅より横浜駅の方が行きやすい人は、スーパービュー踊り子の方が良いかなと思います。スーパービュー踊り子の横浜から熱海の所要時間は、40分です。今回わたしは横浜から乗りましたが、あっという間でした^^♪

2-2.熱海の宿

赤ちゃん連れだと、アレやコレ持っていかなきゃ、うるさくしちゃうかもだけど大丈夫かな、、などなど気にかかることが多々あるかと思います。

ですが、熱海だと、赤ちゃんプラン有の宿やキッズスペース有のホテルなど、赤ちゃん連れには嬉しい宿泊先がいくつかあります!

今回わたしは、ホテル貫一さんの赤ちゃんプランを利用しました。

ホテル自体はそんなに新しくないかと思いますが、中は綺麗でした。

赤ちゃん用の敷布団やおむつ用のゴミ箱、ミルク用の調乳ポットなどが部屋に用意されていたので楽でした♪バンボも用意してありましたが、うちの子は嫌だったみたいで、脱走してました(笑)

部屋風呂は温泉ではなく、普通のお風呂ですが、狭くはないです。大浴場には、ベビーバスとバスチェアがあります。うちの子は両方嫌がったので、ずっと腿の上に乗せてて大変でした泣

露天風呂は大浴場にはありませんが、有料で家族風呂を借りることが可能です。

もし利用するなら、次の間付きの部屋を強くおすすめします。次の間に布団を敷いてもらい、そこに赤ちゃんを寝かせれば、赤ちゃんが寝た後も大人は飲んだり食べたり話したりが可能になります!

3.熱海の欠点

熱海の欠点を挙げるとすると、、観光する場所があまりないところですかね。。色々調べたのですが、赤ちゃん連れ車無しでも大丈夫そうなスポットが見つけられなかったので、今回は温泉のためと割り切って観光はしませんでした。

4.熱海温泉旅行のタイムテーブル

参考までに我が家の熱海温泉旅行のタイムテーブルを載せておきます。

<1日目(平日)>

10時半ごろ 横浜駅到着。そごうの子ども広場で子どもを遊ばせる

11時半ごろ そごうの中で昼食

12時半ごろ デパ地下でちょっとイイおつまみやスイーツをゲット

13時半ごろ スーパービュー踊り子乗車

14時すぎ  熱海到着。商店街とかフラフラしながら宿へ

15時すぎ  宿にチェックイン。その後まったりしたり、授乳したり。

17時ごろ  子連れでおふろ

18時    夕食。食べ終わってから、布団を敷いてもらう。

19時半ごろ 寝かしつけ開始

20時半ごろ  子ども就寝で、温泉入ったり、お酒飲んだりした後に就寝。

<2日目(祝日)>

7時ごろ  起床

7時半   朝食。その後まったりしたり、旦那さんは最後の温泉へ。

10時    チェックアウト。宿を後にし、お土産探し

11時すぎ 昼食

12時過ぎ ちょっとフラフラ

13時ごろ スーパービュー踊り子乗車

14時前  横浜駅着

5.まとめ

今回は、わたしの赤ちゃん連れ熱海温泉旅行の経験を踏まえつつ、熱海がおすすめな理由をまとめてみました。

本当に熱海はおすすめです!実際、ベビーカーを押している家族連れもちらほらいましたし、2日目に昼食食べたときの隣の席も赤ちゃん連れでした^^

あと、ラスカ(熱海駅の駅ビル)の授乳室も綺麗でイイ感じでした。(おむつ交換台と個室の授乳室が2つずつありました。)なので、赤ちゃん連れにも比較的優しいところかと思います。

赤ちゃんづれだけど温泉行きたい!!と思っている方!是非熱海を検討してみてください^^

スポンサーリンク
公告大