無認可保育園入園枠確保のための問い合わせのタイミングを考えてみた

先日の記事の通り、4月の認可保育園の入園が叶わずのため、2次利用調整の結果を待ちつつ、無認可保育園への問い合わせを随時行っています。

しかし、このご時世ですから、無認可保育園もなかなか空きがありません((+_+))

じゃぁいつ問い合わせすれば、入園枠あるんだ?!ということで、今の私を取り巻く状況や聞いた話、個人的な考察を加えつつ、まとめてみました。無認可保育園に入園について、問合せをするタイミングの参考になればと思います。

スポンサーリンク
公告大

1.1次利用調整の結果が出る前

このタイミングであれば、「なんだかんだ、認可保育園に入園できるでしょ」と思っている人は問い合わせしないと考えられます。また、このタイミングで問い合わせをしていても、とりあえず情報収集しておく、という場合も考えられます。

つまり、このタイミングであれば、結果がでた後に比べると入園を申し込む人は多少少ないと考えられます。なので、出た後に比べると入園枠に余裕があるはずです、多分。

このタイミングで入園枠を抑えておけば、保育園に入園できないという最悪の事態は回避できるので、気持ち的にも余裕が持てるかと思います。

2.1次利用調整の結果が出た直後

このタイミングの場合は、無認可保育園でまだ空いている入園枠を狙うことになります。ただ、1次利用調整の結果、認可保育園へ入園できなかった人の大半が申込を希望してアクションを起こすはずなので、結果が出る前と比べると競争率は上がる可能性が高いと考えられます。(しかも、危機感強まっているから、なおさら。。。)

3.1次利用調整の結果が出た数日後

認可保育園を申し込みつつ、事前に無認可保育園の入園枠を抑えるという保守的な人も一部いると考えられます。もしこのタイプの人が認可保育園に内定した場合、無認可保育園の入園はキャンセルするはずです。

なので、そのキャンセルされた枠を狙うべく、1次利用調整の結果が出て、無認可保育園に入園をキャンセルしたことを伝えた後のタイミングを狙う、ということです。

また、既に無認可保育園に通っているが、認可保育園に内定して3月を目途に退園するというケースもあると考えられます。(特に、認定保育園に通うための点数稼ぎのために無認可保育園に通わせているケースなど)このケースにおいて、退園を申し出るのも認可保育園の内定の結果を受けて数日後くらいになると思われるので、上記のいずれかで空いた枠を狙えるのではないでしょうか。

4.2次利用調整の結果が出た直後~数日後

これは上記2.と3.の2次利用調整後のバージョンです。

2次利用調整では1次利用調整と比較すると内定者数は少ない可能性が高いですが、その内定者の中で無認可保育園に通っている/無認可保育園の入園枠を予め抑えている人がどのくらいいるのかは未知数です。なので、2次利用調整の結果を受けて無認可保育園をキャンセル/退園する人がどのくらいいるのかは分からないので、動く価値はあると思います。

5.おなかま保育室の結果が出た直後~数日後

これは上記2.と3.のおなかま保育室の結果を受けてのバージョンです。

スポンサーリンク
公告大